[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

丸沼高原 スキー場

スノーボード

今回は「丸沼高原スキー場」のゲレンデレビュー、23-24シーズン14日目の滑走日記を紹介したいと思います。

 

丸沼高原スキー場 アクセス

「丸沼高原スキー場」
群馬県利根郡片品村東小川4658-58
【公式サイト】

丸沼高原スキー場へのアクセスは、関越自動車道「沼田IC」から、一般道で50分~1時間程度。

沼田エリアでは標高が高いゲレンデなので、1時間前後の山道・雪道の運転が必要です。

 

丸沼高原スキー場 駐車場

■駐車場 料金

・平日:無料

・土日、休日、年末年始:1,000円
有料期間/2023年12月16日~2024年4月7日の土日祝日、年末年始(2023年12月29日~2024年1月3日)

 

丸沼高原スキー場 コース

■滑走日:2024年4月29日

2023-2024シーズンの滑り納めで、ゴールデンウイークまで営業している丸沼高原スキー場に行きました。

朝一から昼過ぎまでの半日、快晴で気温は15℃~20℃程度。
春らしい暑い日でしたが、100cm以上の積雪が残り、この時期としては良いコンディションでした。

 

運行リフトは、「中央ペアリフト」、「第2ペアリフト」、「第5スーパーツインリフト」

滑走可能コースは、「ローズコース上部」、「ローズコース迂回」、「コバルトコース」、「バイオレットコース」、「イエローコース」

 

ゲレンデベース、「中央ペアリフト」乗り場付近は、雪も解けてすっかり春山のような様子。

 

ゲレンデ上部・中腹の、「ローズコース」や「バイオレットコース」は、コース以外には雪はほとんどありませんが、コース幅分は雪が残り、シーズン終盤としては、良いコンディションが保たれています。

 

ゲレンデ下部エリアの、「ローズコース下部」などは、雪が少なく、コース幅も狭くなるので注意が必要です。

 

丸沼高原スキー場は、シーズン終了が遅く、例年ゴールデンウイークまで営業しています。
群馬県沼田エリアでは、丸沼高原スキー場とたんばらスキーパークは、シーズンが長く、ゴールデンウイークまで滑ることができます。

【「丸沼高原スキー場」ゲレンデ情報】

 

丸沼高原スキー場 ライブカメラ

丸沼高原スキー場は、ライブカメラでゲレンデ・駐車場の様子を確認することができます。

【「丸沼高原スキー場」ライブカメラ】

 

丸沼高原スキー場 ランチ

丸沼高原スキー場のランチは、ハイシーズンではベース・ゲレンデ中腹・山頂のレストランが利用できます。センターステーションには「レストラン プラトー」と、クレープなどの軽食「カフェ ポックル」、ゲレンデベースにある「高原の駅 丸沼」、ゲレンデ中腹には「とんふぁん」、山頂には「山頂しらね」があります。

 

春シーズンでオープンしているレストランも少なく、昼過ぎに上がったので、ゲレンデではなく、沼田IC近くのお店でランチにしました。

 

「食事処 あづま」
群馬県沼田市久屋原町53-1

 

「特選とんかつ定食」 ¥1,600
厚切りで、柔らかジューシーなとんかつ。
ボリュームもあって満足感の高いランチになりました。

 

丸沼高原スキー場

2023-2024シーズンの滑り納めとなりました。
シーズンスタートは、雪不足の予想もあり心配でしたが、2月・3月にたっぷり積雪があって、充実したシーズンになりました。

丸沼高原スキー場は、ゴールデンウイークまで営業をしていて、長いシーズンを楽しむことができます。
ゴールデンウイーク以降は、グリーンシーズンとしてサマーゲレンデや、日光白根山の登山、キャンプ、アクティビティなども楽しむことができます。

【楽天で人気の「スノーボード」を検索】 【Amazonで人気の「スノーボード」を検索】 【メルカリで人気の「スノーボード」を検索】

 

タイトルとURLをコピーしました